2006年03月05日

旅行積立を考える

旅行会社は旅行に行くお金を事前に預けてもらい、利子をつけてその旅行会社の商品券で返すという旅行積み立て制度を持っています。

各社毎月積み立てと一時払いとの2種類があり、銀行より利率が良いので、旅行に毎年出かける人や、出張などで交通機関をよく利用する人にとってはメリットのある仕組みで、お得に旅行へ行くためのひとつの手段であると思います。
各社少しずつ利率と使える範囲が違うため、自分にとってベストな旅行積み立てを考えてみると良いと思います。

注意すべき点は、
1、各社で使える範囲が違う(たとえばJTBの積み立てだと「JR券のみ」は買えない)
2、自社商品のみの場合がある(たとえばJALの場合は自社商品のみ)
3、会社が倒産したときの保証がない
4、満期になるまでは使えない
5、その旅行会社でしか使えない(JTBの旅行券は近畿日本ツーリストでは使えない)


・JTBたびたびバンク
JTBのツアーだけでなく、各社のツアー商品・国際航空券に利用できる。

・近畿日本ツーリスト旅したく
自社のツアー商品+JR券・国内外航空券に利用可能

・日本旅行 ドリームプラン
自社のツアー商品+JR券・国内外航空券に利用可能

大手旅行会社系では日本旅行が利率がよく、JR券や航空券も買えるので、最寄に日本旅行があると便利。JTBの積み立ては利用できる店舗自体が多く、いろいろな会社のツアーに使えるので、旅行代金や旅行会社にこだわる人には使いやすい。

さらにJAL・ANAも積み立てを行っており、利用でいる商品がグループ内のみとなるが、利率が良い。
ANA旅行積み立て
JAL系旅行会社のツアーと航空券 
JAL旅行積み立て
JAL系旅行会社のツアーと航空券・機内販売  

それぞれ2から3%の利率となるのですが、資金に余裕のある方で、旅行が好き・出張が多いという方は参考にされればよいと思います。
posted by soman at 00:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14167243

この記事へのトラックバック

日本旅行
Excerpt: 日本旅行日本旅行(にほんりょこう)は、日本最初の旅行代理店|旅行会社で、西日本旅客鉄道(JR西日本)の連結子会社。国内旅行に強みを持ち、「赤い風船」(通称、赤風)というブランド名でパック旅行を提供する..
Weblog: 旅の豆知識
Tracked: 2006-03-09 21:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。