2014年09月02日

トワイライトエクスプレスの予約(旅行会社)

ラストランが近づくトワイライトエクスプレス。
JR各社のみどりの窓口で1か月前発売の切符を狙う方法もありますが、人気が上昇していてなかなか取れない状況になっています。旅行会社のツアーに組み込まれたものであれば、それぞれの旅行会社がツアー用に確保した座席が提供されますので空いていれば事前に申し込み可能です。
今後さらに混雑が予想されますから早めに申し込まれたほうが良いでしょう。


近畿日本ツーリスト トワイライトエクスプレス旅行(ツアー) :http://meito.knt.co.jp/3/cb/21003001/1/

阪急交通社 トワイライトエクスプレスの旅 :http://www.hankyu-travel.com/kokunai/train/twilight.php

JTB 寝台列車 トワイライトエクスプレス(ツアー一覧): http://www.jtb.co.jp/kokunai/pkg/list.aspx?fc=shindai01

日本旅行 「トワイライトエクスプレス」で行く北海道:http://www.nta.co.jp/jr/train/twilight/

posted by soman at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

日本発の英語旅行ポータルサイト Japan touristリリース

外国人向けの旅行サイトの新しい提案。
トップページのクチコミ見出しにどこのエリアかが表示されてないけど、外国人は分かるのかな?

この「JapanTourist」ポータルサイトは、日本各地の地域在住のユーザが、その地域に関する情報を投稿-いわゆるクチコミすることにより、数多くの信頼できる情報を集め日本への旅行を検討している外国人観光客へ提供することにより、地域格差による観光マーケティングのギャップを埋める効果があります。



外国人が日本に来る際に、一番何を気にしているのかが気になります。
posted by soman at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

たびココ ☆ おでかけチェックイン

もうひとつKNT!ネタです。
自社でGPSを使った位置ゲーム(位置ゲー)をリリースしました。


 「たびココ」は、旅行や出張、日々の通勤などユーザーのリアルな移動と、ゲームマップ上でのアバターのバーチャルな移動を融合して日本全国を制覇するゲーム(日本全国お宝探しの旅)です。自分が訪れた地域を地図上で塗りつぶしていく達成感、その土地限定のご当地アイテムやバーチャル土産などのレアアイテムを取得していく収集欲、さらにゲーム上でのアイテム交換や協力プレイ等によるユーザー同士の交流なども楽しみながら今までにないリアルとバーチャルが融合したゲームが展開されていきます。


ここでビジネスとしての検証を。
@まずなぜ今更なのかが良くわからない。
昨年の日経BPのランキングにもGPSを利用したゲーム(位置ゲー)が流行るとは書いてあったが、すでに乱立状態であり、今更感があります。誰が使うと想定しているのだろうかと。

A本業とのシナジーがあまり感じられない。
旅行→移動→GPSを使ったゲームというのは短絡的ながら、よく使われるし、親和性が高いものと思います。過去よりリアルでもスタンプラリーとかオリエンテーリングという活動があったわけですから。
このゲームは、残念ながらあまり「リアルな旅行の楽しみとの接点」という点はあまり感じられません。塗りつぶし地図とか、旅先現地の情報紹介とか旅行素材の販売とかKNT!だからこそできることを表出すべきなのに、ゲームとしての枠にはまろうとしている。
またゲームとしてなら、高度化が進む位置ゲーの中、@の話ではないが今更なんで?というところに行きついてしまう。

Bソーシャルっぽくない。
交流要素が少ない。なんか出会いであったり、イベントであったりそういうのに出くわして、色々とゲームや人との接点が広がってくる筈なのに、あまりそういった感覚が感じられない。
また、最近の位置ゲーはつながる情報発信用共通インフラ(たとえばGree、モバゲー、Mixi、Facebook、Twitterなど)との接続を容易にしようとしており、それによって普段使っているインフラの延長線でゲームも利用するという構図が成り立っていると思う。
チェックイン機能とか付いているSNSなんて今ではどこでも標準的に持っているのだからそれとの違いまたは接続容易性を考慮すべきだったと思う。


チェックインポイントは観光性の高いところだけにすればいいのにとか、書き始めるとまだまだあるのですが、KNT!という旅行会社が始めるにはちょっと利用対象者の想定が甘いし、ゲームの内容自体も先行している位置ゲーム専門の他社のゲーム(たとえばコロプラ)と比べ脆弱。
改善の余地をもっているならいいのですが、これを使って何を進めたいのかをはっきりしないと明らかにこのままだと無駄にお金の投下を続けて、クロージングも出来ずに失敗すると思います。もっと社内の位置ゲー愛好者とかネットでの観光情報の交流に詳しい人を集めて、てこ入れを頑張ってほしいと思います。
posted by soman at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

阪急交通社もサイトリニューアル

阪急交通社もサイトをリニューアルしました。
こちらのリニューアルはデザインの観点よりは機能性。
検索とこだわりの設定機能を強化して選びやすくするための改修を行った模様です。

地図の検索と、条件指定選択が別々に動くところが残念ですが検索スピード自体はまずまずといったところでしょうか。




阪急交通社:http://www.hankyu-travel.com/

旅行の場合、「あなたにお勧め」のレコメンド機能はどのような提案方法が一番ベストになるのか。興味深い話題と考えています。
posted by soman at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HISサイトリニューアル

HISのサイトがリニューアルされています。
これまでの非常に雑多なイメージのデザインから若干落ち付いたテイストにデザインが修正され見やすくなっています。
以前のがちゃがちゃしたデザインのほうが「価格」や「今が買い時」といった即時性のあるプロモーションに向いていたように思えていたのですが、路線を変更したようです。





HIS:http://www.his-j.com/Default.aspx
posted by soman at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

日本のLCC(ローカルコストキャリア)、格安航空会社

最近はやりの格安航空会社

春秋航空(茨城−上海)
http://tickets.china-sss.com/JP/index

ジェットスター(日本−オーストラリア、台湾、シンガポール)
http://www.jetstar.com/jp/ja/index.aspx

セブ・パシフィック(関空−マニラ:フィリピン)
http://www.cebupacificair.com/web-jp/index.html

全日空もLCCに参入とのニュースがあったが、今後の空の旅は利用者がネットに張り付いて一番安いツアーを探すという時代に突入するのかもしれない。
その手間をおしいと思う人は旅行会社でちょっと高いけど申し込むという感じなのだろうか。
時間と手間、どちらも貴重な人とゆっくり使える人がいると思う。
posted by soman at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

旅行でポイントをためる



BBWatchより

ネットマイル、ポイントが獲得できる旅行情報を集めた総合サイト

ポイントプログラム「ネットマイル」を運営するネットマイルは6日、ポイントが獲得できる旅行情報を集めたサイト「ネットマイルトラベル」を開始した。利用は無料の会員登録が必要となる。


ネットマイルが提供するサイトでこのサイト経由で予約するとネットマイルポイントがたまるというもの。
あまり新しさは見られませんが、時たましか旅行に行かない人にとって、各会社のポイントがたまってもあまり使う理由が見つからないこともしばしばかと思いますので、思い切ってどこかのポイントにまとまるならばということで、こういった展開はアリかと思います。
どこのポイントにするのが今後いいのかは迷いますね。

ネットマイル:ネットマイルトラベル

posted by soman at 23:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

旅行博2009 開催中



海外旅行をプロモーションすることをテーマにした旅行の博覧会「旅行博」が今年もビックサイトで開催されています。
9月18日〜20日の期間中開催され、昨日金曜日は旅行業界関係者へのビジネスデー。今日明日は一般公開されます。

旅行を計画している人にも、行ってきた人にも、とりあえず暇つぶしにも楽しめる企画です。

今年は不景気のあおりかちょっと全体的にはでじゃないとは聞きましたが、プレゼントとか貰って回ったら意外と元が取れると思いますよ。


旅行博2009:http://www.ryokohaku.com/index.html
posted by soman at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

アジア・太平洋エリアでの日本への旅行人気

マイコミジャーナルより

アジア太平洋地域で今後訪れたい旅行先、日本は第2位に - VISA調査で
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/04/03/036/

1位はオーストラリアだそうです。
かいつまむと香港・台湾の人は日本に行ってみたいと感じており、その際に興味を持っているのは大自然。

日本に住んでいると認識しずらいですが、やはり日本の自然は美しいということでしょうか。

そこでおもうのは外国人旅行者がアクセス可能な自然環境と触れ合える場所はまだまだ少ないだろうと感じています。日本人ならマイカーやら路線バスやらローカル鉄道を駆使してたどり着けるのかもしれませんが、外国人にはなかなか探し出すことが難しく、全くやさしくない環境。

バックパッカーなら何とかすることもできるのかもしれませんが、短期滞在の旅行者にとってはこの交通手段の提供という弱点を何らかの形で解決していくことが「こんなところにも外国人観光客が来てくれた!」となる方法なのかもしれません。

地元の観光協会などが、デジカメでチケットの買い方の指南や通訳カードなどを提供してあげれば少し敷居が下がるのではと思われます。
posted by soman at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

好調なゴールデンウィークの海外旅行

asahi.comより
GW海外旅行、一転予約好調 円高・燃料安が追い風

ゴールデンウイーク(GW)に向け、海外旅行の予約が好調だ。円高や燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の引き下げによる値下げが追い風となり、冷え込んだ前年から一転、欧米路線などは回復傾向にある。短期旅行が中心の国内旅行も、連休後半で前年超えの勢いだ。


昨年はサーチャージ、まだ堅調な景気などの要因でツアー費が高止まりし、申し込みが少なくなっていた海外旅行ですが、今年に入って景気の悪化、旅行需要の低迷、サーチャージのほとんどゼロ円化によりツアー費が下がり、一気に申し込みが増えているようです。

昨年サーチャージを嫌い、海外へ行くのを控えていた人たちが、申し込みを積極的に行っているのではないかとも思えます。
また旅行会社も景気悪化に伴い、申し込みが減ると予想し、料金を下げてツアーを提示したところ思ったよりも旅行客の購買意欲が旺盛である
という事情があるのではないかとも思います。

ということでゴールデンウィークの海外旅行は早めにも申し込まないといい時期の条件の良いツアーは早めに売り切れてしまうことが考えられます。


大体旅行会社各社のゴールデンウィークプランが出そろったようなのでご紹介します。

近畿日本ツーリスト:ゴールデンウィーク特集2009

JTB:4月からの海外旅行


日本旅行:4月からの海外旅行発売情報

トップツアー:ゴールデンウィーク特集2009海外旅行編

HIS:ゴールデンウィークの海外旅行

posted by soman at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業界の最新動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。